So-net無料ブログ作成

小さな故意の物語【ネタバレ】



小さな故意の物語 あらすじ


親友で幼なじみの行原達也(大野拓朗)が
校舎の屋上から転落死した。

警察は自殺と断定するが
それを信じることができない中岡良(三浦春馬)は
独自に達也の死を調べ始める。

達也の恋人の佐伯洋子(波瑠)は、
良の行動は悲しみをいたずらに引き延ばすだけだと言うのだが…。
たどり着いた真実は驚きと悲しみに満ちたものだった。

青春の傷を鮮烈に描く本格ミステリー。

小さな故意の物語 キャスト


三浦春馬:中岡良
波瑠:佐伯洋子
大野拓朗:行原達也
三吉彩花:笠井美代子 ほか

中井貴一:ナビゲーター

小さな故意の物語 原作


東野圭吾 『犯人のいない殺人の夜』収録

小さな故意の物語 脚本


川崎いづみ

小さな故意の物語 演出


並木道子

小さな故意の物語 主題歌

小さな故意の物語 あらすじ

小さな故意の物語 あらすじ
高校三年生の中岡良(三浦春馬)、佐伯洋子(波瑠)、行原達也(大野拓朗)は、小学校からずっと同じ学校に通う幼なじみで仲の良い3人組。だが、思春期に入ると関係は微妙に変化。洋子と達也が交際を始めたことで、良は悩んでいた。良も密かに洋子に想いを寄せていたからだ。表面的な関係は変わらないが、良は早く高校を卒業して想いを断ち切りかった。

そんなある日。衝撃的な事件が起きる。達也が校舎の屋上から転落死したのだ。目撃した生徒によると、達也はひとりで屋上の縁を歩いていて、急にバランスを崩して落下したらしい。捜査にあたった刑事たちは自殺も視野に入れている。だが、良には事故も自殺も考えられない。なぜ、達也は死んだのか? その原因が知りたかった。

次の日、達也のロッカーが何者かに壊されていた。散乱した達也の私物を片付ける洋子のもとに良が駆けつける。昨日は冷静に対処していた洋子も、さすがに動揺は隠せない。そんな2人を伺う、人影が…。

 良は達也が立っていた屋上に行く。すると後を追うように女子生徒がやって来て、良に気づかれると慌てて去った。追いかけた良は、担任の井本五郎(近藤公園)に遮られてしまう。事件以来、立ち入り禁止となった屋上の扉の鍵を持ち出したことを咎められたのだ。だが、良は井本から、逃げた女子生徒の名を聞く事が出来た。笠井美代子(三吉彩花)。良は達也の葬儀で気を失った女子生徒を思い出す。

小さな故意の物語 あらすじ 続きはこちらから

共通テーマ:テレビ | nice!(0) | 編集
Copyright © 小さな故意の物語【ネタバレ】東野圭吾ミステリーズ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます。
テンプレート by カエテンクロス SEOテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。